スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

東日本大震災の記録(9)

仙台へ帰って来て、部屋の掃除をしたり、水がなくて拭いただけだった食器を洗ったりしたら、ちょっとすっきりしました。

早速、取引先に仕事再開のメール。
契約している翻訳会社はいくつかあるのですが、今回の震災で、足りないものがあったら送ります、と言ってくれた会社から、事務的な安否確認のみの会社や、震災直後の時期にもかかわらず、何事もなかったかのように業務連絡をよこした会社まで。
今後どの会社とお付き合いしたいかは、言わなくても分かりますね(笑)

震災後、結婚や、逆に離婚が増えたという話がありましたが、家族にかぎらず、これだけ大きなことがあると、普段見えなかったものが見えてくるのですね・・・

その後、スーパーやホームセンターに買い物にも行きましたが、一部棚が空だったり、ものによってはお一人さま1個などの制限はあるものの、思ったより商品はある感じでした。

スポンサーサイト
2011-03-30 : 東日本大震災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東日本大震災の記録(8)

実家に帰って、やっと安心、というところですが、実際は、あまり心休まる日々とは言えませんでした。
この頃の報道は、福島原発のことばかり。
しかも実際の放射能汚染などに関する正確な情報が少なく、何とか事態が収束して欲しいと祈るような気持ちでテレビを見ていました。
この頃はノートパソコンもなかったし、仕事もできず、かといってもちろん遊ぶ気にもなれず、精神的につらい日が続きました。


110320_0704~0001
※携帯画像です。

気晴らしといえばアルの散歩くらいですが、まだ寒く、雪が降る日もありました。


110320_0706~0001


ここはお花見で有名な弘前公園ですが、この時は、春に満開の桜を見に来られるなんて、思いもしませんでした。


東北自動車道が通れるようになり、宅急便も復活して震災前に注文したペットシーツが届くとのことで、3月29日に仙台に帰ることに決めました。

当初は4月ごろまでは実家にいようと思っていましたが、思ったより街中の復興は早く、私ものんびりしていないで、せめて仕事に復帰しようと焦りにも似た気持ちでした。

両親は心配してましたが、もしダメそうだったら、また帰ってくるからと約束し、水や食料を山ほど積んで仙台へ帰りました。


2011-03-20 : 東日本大震災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東日本大震災の記録(7)

16日に、やっぱり実家に避難しようと決心してから、インターネットでルートを検索しました。
東北自動車道が通れる見込みは薄く、あとは国道4号を北上するか、山形に抜けて秋田を通って帰るか。
悩んだすえ、全く知らない山形方面より、少しは土地勘のある岩手内陸ルートに賭けてみることに決めました。

17、18日は気温が下がり、雪の予報だったので、天候が回復する19日に出発。
食料は ほとんど食べつくし、カンパンとチョコレート、自販機で唯一売れ残っていた缶コーヒーを持って、朝6時に家を出ました。

戸締りを確認し、ブレーカーを落とし・・・
玄関の鍵をかけながら、いつ帰ってこれるかな、とちらりと思いました。

広域地図は持ってないので、ネットからプリントアウトし、道の駅の場所を書き込んでおきました。

懸念していた通行止めもなく、ところどころ段差はありましたが、思っていたよりスムーズに車は流れています。
途中、数キロにわたって続く車列は、みなガソリンスタンドに並ぶ車でした。

一関あたりで、ドライブインとコンビニがある大きな駐車場を発見。
普段はトラックなどが休憩するのでしょうが、今はお店も閉まっており、駐車場は閑散。
ここでちょっとアルを運動させました。


IMG_0583.jpg


息抜きしてご機嫌のアル。


IMG_0589.jpg


このあたりまでは天気も良く、写真を撮る余裕があったのですが、徐々に天候は悪化。八幡平の山越えでは、雨がみぞれに変わりました。

ここまで休憩で立ち寄った道の駅は、宮城県内ではお店は閉店中、盛岡付近ではお店は開いていましたが、外で食べ物を売っているような売店は材料不足でやはり閉店。
八幡平を越えて、道の駅「かづの」で、やっと駐車場に面してきりたんぽなどを売っている売店が開いていました。
さすがにお腹が減って、味噌つきのきりたんぽを1本。
おばちゃんがヴィッツのナンバーを見て、「宮城から来たの、大変だったね」と温かいお茶を出してくれました。
アルには小雨の中待たせて申し訳なかったけど、この日はじめての温かい食べ物、じんわりおいしかったです。

結局、10時間ほどで実家に到着。
緊張していたせいか、思ったより疲れは感じませんでした。
アルも長時間のドライブによく耐えてくれました。

2011-03-19 : 東日本大震災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東日本大震災の記録(6)

光回線が復旧。
ネットが使えるようになり、IP電話も通じました。

結局、NTTの災害用伝言ダイアル(171)も電話が通じなければ使えないし、携帯会社の災害用掲示板も試してみたけど繋がらなかった。
一番安否確認したいのは、災害直後。でもその時期は停電してたし、携帯が繋がるかどうかは運任せだった。
テレビで災害用ダイアルのCMを見るたび「そんなこと言っても、使えなかったじゃん」と思ってしまう私である・・・

この日、知り合いのつてでガソリンを入れてもらいました。
ほぼ満タンだったので10 Lも入らなかったのだけれど、車で実家に帰ろうかと思っていたので これで不安材料が1つなくなりました。感謝。

家に帰って ふと蛇口を開けたら、水が出ました!
これも、特に連絡などはなかったので、気づかなかったらしばらくそのままだったかもしれません。1日1回くらいは、「まだかな」と思いながら試しに蛇口を開けてみてはいましたが。

後になって、ガスがどこまで復旧したとか、どこそこのガソリンスタンドの営業時間とか、スーパーが開店したとかのテロップがテレビで流れるようになりましたが、この頃は生活に必要な情報がほとんど入ってきませんでした。

とにかく水が出て、ガスも使えるので、震災後 初めてシャワーを浴びました。
下水処理施設も被災して、汚水があふれているという話を聞いたので、ほんとにざっと、5分くらいで済ませました。
後でバケツに水を溜めたら まだ水が茶色くて、この水でシャワーしちゃったよ、とちょっと後悔したのですが、とにかく久しぶりのシャワーで ほっとしました。

こうしてみると、停電は2日半、断水は5日間、ガスは残量が不明なもののプロパンだったので、私の住んでいたところは本当に被害が小さかったと思います。

しかし食料事情は悪く、また4時間もスーパーに並ぶのかと思うと、気持ちが折れそうでした。
何よりこの状況で1人でいるのに耐えられなくなり、ガソリンを入れてもらったのをきっかけに、本気で実家に帰ろうと考え始めました。

しかし、通常なら高速道路を使って4時間ほどで帰れるのですが、このとき まだ一般車の通行は禁止。
一般道では10時間以上かかると思われ、しかも国道4号などの主幹道路の被災状況も分かりません。
折悪しく、気温も下がり、今後2~3日は雪の予報。
天候の回復を待ちながらネットで情報を集め、高速が開通するよう祈っていました。





110403_1534~0001


ときどき散歩で立ち寄っていた神社も立ち入り禁止に。
(携帯画像です)


110403_1534~0002



2011-03-16 : 東日本大震災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東日本大震災の記録(5)

この日は、「イトーヨーカドーの駐車場で食料品が売られているらしい」という話を信じて食料調達へ。
駐車場で青空市みたいな感じなら、アルもOKじゃない?
ということで、連日アル同伴で出かけます。
とにかくこの頃はアルをひとりで置いて出かけるのが不安で。

ヨーカドーまで歩くのはちょっと遠いし、帰りに荷物が多くなると思ったので、アルをスリングに入れて自転車で出かけました。
アルは初自転車でしたが、流れていく景色がおもしろいのか、じっと大人しくしててくれました。

おそらく10時開店だろうと思い、ちょっと早めの9時ごろにヨーカドーに着いたら、すでにありえないくらいの人が並んでいました。ヨーカドーと立体駐車場の周りをぐるっと1周半くらい。たぶん1000人くらいいたんじゃないでしょうか。
最後尾を見つけてとりあえず並んでいると、ヨーカドーの人が拡声器を持ってやってきて「商品が十分でないので、売り切れる可能性があります」と説明。
それを聞いて帰る人もちらほら。
私も迷いましたが、明日以降、天気が崩れるという話だったので、並ぶだけ並んでみることに。
この日も空模様は今にも泣き出しそうで、昨日までと比べて気温も下がっていました。

この頃、「放射能が降ってくるから雨に当るな」というチェーンメールが出回っていましたが、皆それどこじゃない、という感じだったように思います。
とにかく今日食べるものと飲む水を手に入れることが最優先で、原発どころではなかったです。
最悪、汚染された雨に濡れても洗えば落ちることを知ってましたし。

それよりも、並んでいる途中で分かったのは、今日は駐車場じゃなく、店舗入り口のロビーで販売しているということ。
アルを連れてきちゃった、どうしよう・・・
スリングに入れて、その上からコートを着ていたので、ぱっと見は分からないかもしれませんが、アルが飽きてきてモゾモゾ動くので、今思うとかなりあやしかったかも。

結局、とうとう降り出した小雨の中 4時間ほど並び、スリングの肩紐が痛くなってきた頃、列は入り口まで進みました。
何か言われたら、しょうがないからアルをどこかに繋いで急いで買い物しようと思いましたが、みんなそれどころではないらしく、何も言われませんでした。

飲み物、野菜、果物など、各カテゴリーから1人1点ずつということでした。
野菜は、しょうが、しめじ、パプリカ、ねぎ、ピーマンなどがあり、私はピーマンを1袋。
果物は、最初はバナナなどもあったらしいですが私の時はりんごだけだったのでりんごを1個。
他に、おにぎり1個、2 Lのウーロン茶1本、カセットコンロのボンベ1本が買えました。
トイレットペーパーなどもありましたが、家にまだ結構残ってたのでこのときは買わず。

臨時に設置されたらしいレジでお会計をしていると、コートの襟元からアルの顔が!
レジのおばさんに「あら、わんちゃん!」と言われ、「すみません、駐車場って聞いてたので」と平謝りしてそそくさと帰ってきました。
別に怒った口調ではなかったですが、やはりマナー違反ですよね。
あのときの皆さん、見てないと思いますが本当にすみませんでした。

続きを読む

2011-03-15 : 東日本大震災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

とも吉

Author:とも吉
アル:トイプードル、♂
2010年2月19日生まれ

検索フォーム

ランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。